豊胸バッグの種類|情報

豊胸手術・デメリット(インプラント豊胸術)

胸が小さくてコンプレックスを抱えている人にとって、大きな胸は憧れです。胸が大きければ水着も温泉も恥ずかしくないのに・・・と思ったことがある人もいるでしょう。胸の小ささが嫌になって豊胸手術を受けようと考えている人もいるでしょう。豊胸手術は小さな胸の人にとって非常に興味のあるバストアップ法といえるでしょう。
豊胸手術でよく知られているものに豊胸バッグを入れて胸を大きくするインプラント豊胸術、自分の脂肪を注入して胸を大きくする脂肪注入豊胸術、ヒアルロン酸を注入して胸を大きくするヒアルロン酸豊胸術があります。これらの豊胸手術は胸の小さな人にとっては希望の光ともいえるでしょう。そして、実際に豊胸手術をしてその光を手にした人も多いでしょう。
しかし、豊胸手術はメリットも大きいですがデメリットも存在することを忘れないでください。
豊胸手術を受けるときは必ずメリットとデメリットの両方をしっかり見て決めましょう。
ここで少し最もよく知られている豊胸術の一つ「インプラント豊胸術」のデメリットについてご紹介したいと思います。

<インプラント豊胸>
・切開するので少し傷が残る
・拒否反応が起こる場合がある
・年をとっても胸の張りが保たれるので不自然に見える場合がある
・術後はバストが腫れたり痛みが生じる
・術後のマッサージケアが必要であり、そのマッサージには痛みが伴う場合がある

厳選2

# サイト名 PR リンク