豊胸バッグの種類|情報

豊胸手術・種類(脂肪幹細胞注入)

豊胸手術の中でも安全性が高いとして注目を浴びている脂肪注入の豊胸手術。知っている人も多いでしょう。脂肪注入の豊胸手術は自分の体の脂肪を使って胸に注入するため、安全で自然な胸を作ることができます。しかし、注入された脂肪はすべてがそのまま残るのではなく、その多くが体に吸収されてしまうというデメリットがあります。そこで、新しく注目を浴びているのが脂肪幹細胞注入による豊胸手術です。
脂肪幹細胞注入の豊胸手術は自分の体から吸引した脂肪から幹細胞を取り出し、その幹細胞と脂肪を胸に注入します。このように幹細胞を注入することで通常の脂肪注入のときよりも多くの脂肪を定着させることができ、大きくした胸をより長く維持することができます。
脂肪定着率は手術をする医師の技術、設備そして手術を受ける人によっても違ってきますが、通常の脂肪注入の脂肪定着率はだいたい20?30%といわれています。一方、脂肪幹細胞注入の場合、定着率はその2倍以上といわれています。
このように脂肪注入と脂肪幹細胞注入は名前は似ていますが、脂肪定着率に差があり、手術後の維持期間がだいぶ違ってきます。もちろんその分、手術費用も脂肪幹細胞注入の方が高くもなっています。
豊胸手術をするときは費用だけでなくさまざまな点から各手術をみて、自分に一番の豊胸手術を受けるようにしましょう。

厳選8

# サイト名 PR リンク